楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

見られるのは一しゅんです

f:id:takehirosudo:20180123230437j:image

 

今朝は自宅周りにも雪が積もった。

子ともたちは大喜び。

学校へ行く前に雪で遊んだようだ。

 

ところで昨日、少4の次女がこんな絵を描いていた。

 

f:id:takehirosudo:20180123230623j:image

 

雪うさぎは雪がふった日にしかでてきてくれません。

ですが私は1/22に、車の中から外を見てみると、とってもかわいい雪うさぎが雪の中にいるのを見てしまいました。

 

<雪うさぎの特ちょう>
・目、はな、ほっぺは万両の赤い実
・耳は、万両のはっぱ
・雪なので、すぐにとけてしまいます。
・見られるのは一しゅんです

なんか無性に描きたくなって描いたそうだ。

親バカであるが、なかなかよく描けている。

 

で、今朝庭に出ると。

f:id:takehirosudo:20180123230917j:image

雪うさぎが庭にいる!

 

次女は、ドヤ顔であった。

しかし、「見られるのは一しゅんです」と

あったように、彼女が学校に行っている間に溶けていなくなってしまったのであった。

 

子どもとは言っても、自分とは全く別の人間であることの面白みを感じる。

私は小さな頃は兵庫県西宮市に住んでいたので、雪はほとんど見たことがなかった。

だから、こんな遊びもしたことがなかったし、子どもたちが少しうらやましい。

日々の暮らしの中に面白みを見つけてもらえれば、これほど嬉しいことはないな。

 

 

 

 

 

炭焼きと雪と

f:id:takehirosudo:20180122190544j:image

テレビニュースでは、関東近郊では大雪という予報だったが、鴨川の予報はずっと雨だった。

南房総は暖かいから雪にならないんだな、と思っていたが、午後過ぎから雨は雪に変わり、現在は道路にまで雪が積もり始めている。夜の塾には、出かけられなくなってしまい、臨時休講にせざるを得なかった。

 

今朝は朝から炭焼き!

前々から準備していた材を焼き始めるのだ。

7人体制で行えるなんて、本当に久しぶり。

f:id:takehirosudo:20180122190617j:image

前回は12月に行なったが、実はオペレーションを失敗したためイレギュラーな止め方をせざるを得なかった。心配していた炭の出来だが、使えないことはないけど、販売には適さないな、と結論づけて自給用とした。

f:id:takehirosudo:20180122190624j:image

窯の入り口を外して、

f:id:takehirosudo:20180122190644j:image

炭を出していく。

顔は真っ黒になってしまう。

炭は、焼き始めてからまる6日はかかる、長丁場の仕事。その間の仲間との語らいがこの仕事を続けさせるモチベーションとなっている。

 

それにしても、今日は寒かった。

体を動かしていても、冷たい風が当たってどんどん体が冷えてくる。

ほとんど休憩なしで作業しましたとさ。

明日は温度点検のみで、明後日が大忙しの一日になる。

 

f:id:takehirosudo:20180122190552j:image

明日、この車は動かせるだろうか?

新年会2連発!

f:id:takehirosudo:20180121222846j:image

昨日は10年以上の友人たちが家族で泊りに来てくれた。一緒にご飯を食べながら話をするのは楽しい。私たちが今やっている、農家民泊の営業についても随分ヒントになることがあって、また新しい刺激を受けた。

 

午前中は集落作業。今日は防護柵の点検。猪、鹿猿よけで設置したものだが、時間が経つにつれて穴が開いたり、接触不良になったりするので、年に何回かチェックをする必要があるのだ。

作業後は集落の新年会。年の初めの様々な行事連絡があり、酒を酌み交わしながら話す。今年も一年、集落関係の作業をコツコツやっていくことになる。

 

3時からは大山廃校利用を考える有志の会の打ち合わせ。3月に千葉大学の学生と一緒にやるイベントについて。このイベントももう6年くらいになる。何か新しい流れができれば、と思うのだがやりながら見つけていくしかあるまい。

 

その後はこの有志の会の新年会。2009年に結成して、今年で9年目!有志の会として、毎年プール解放を行なったり、早稲田大学千葉大学の学生との活動をやって来た。これまでの既成の組織ではなく、小学校を使って何かできないかと、有志が結成した会。

これから、いよいよ新しい時が始まる。

 

今日は王国で麦踏みイベント!

f:id:takehirosudo:20180120163510j:image

みかんの木の左側に黒い土の部分があるのがわかるだろうか。昨年の夏野菜、ズッキーニやオクラ、モロヘイヤなどを育てていた畝のマルチを外した。

ここにハウスを建てる予定。後ろに見えるすももも、少し剪定しないといけないかもしれない。

稲の箱苗を100枚作れる規模のハウスを建てる。目標は2月いっぱいで!

 

今日は自然王国で麦踏み、新年会イベント。

自然王国ではサポーター制をとっていて、年会費をいただいて一年間の農作業を一緒にやりましょうというイベントを行なっている。

今回は11月末に蒔いた小麦の麦踏みと、新年会。

ところが!朝起きたら、雨。

畑がすっかり濡れてしまった。この状態ではとても麦踏みはできない。踏み、どころか埋めてしまう。

そこで、今回はぼかし肥の追肥のみを行なった。

 

f:id:takehirosudo:20180120163533j:image 

小麦も大麦も、元気に育っている。

夏過ぎには、うどんなどになるはず。楽しみだ。

麦の作業は午前中で終わったので、午後からは王国の上がり口の竹の伐採。

f:id:takehirosudo:20180120164331j:image

雪が降ったときや凍結したときは、この竹があったためになかなか融けずに、危険だった。

参加者8人と無心で1時間強作業すると、かなり見栄えが良くなった。

予定なら、このあとサウナに入って、新年会!なのだけど今日は農家民泊のお客様がいらっしゃるので私はこの時点で離脱。

 

今年も、自然王国でおもしろい活動をやっていこう。

いうは易し、おこなうは難し

f:id:takehirosudo:20180119220431j:image

 

午前中は塾の準備。週末が王国イベント、民泊、集落作業などでもりだくさんなので、早めにやっておかねばならない。

塾で教えるのも、結局は予習をどれだけ満足にできるかにかかっている。自分がわかるだけでは不十分で、どこがわかればその子ができるようになるかを感じなければならない。なかなかど真ん中に的中するのはうまくいかないのだけど。

学習に対する動機づけをどう行うかが、ずっと課題としているのだが、先日読んだ本の中に、強制的でない、内発的に生じたものが強くて、持続するとあった。だから、生徒たちに、「あ、わかった!」「これ、おもしろいな」と感じてもらいたいと日々念じているのだけど、行うは難し。

 

昼からは気になっていた畑の準備をようやく始めた。夏野菜を片づけて、ビニールマルチをはがし、草刈りを行なった。このあと畝を崩して、ビニールハウスを建設する準備をしていくのだ。

まだ、ハウス資材の購入も行なっていなくて、結構焦りつつある。田んぼまわりの木や竹も日陰を作っているのでこれの処理もしないといけない。

あああ!

キャベツの外葉を美味しそうについばむ鶏を見ながら、一度に一つのことしかできないな、と言い聞かせる日々。

 

 

整然とすることの気持ちよさ

f:id:takehirosudo:20180118225105j:image

 

木曜日は王国の日。

今日は今朝から山小屋まわりの水道に凍結防止のスポンジを巻く作業。3月までは、水道が凍結する日があり、それを少しでも予防しようというわけ。

途中トイレの管を抜いてしまうトラブルを起こしてしまったが、山小屋周りを終えてサウナ小屋の水道まで巻くことができた。

 

昼からは昨年切った木の枝などの処理。この枝は、ある程度の太さがあるので、サウナストーブに入る長さに切って、薪置き場に並べていく。

冬の時期は、普段はなかなか手の出せない作業をやれる時期。気になっていたことを一つずつ片付けると、雑然としていた場所が整然となるのが嬉しい。

積んであっただけの枝も、チェーンソーで必要な長さにカットしていくとそれは薪に変身する。

細かい作業だけど、その手間をかければきれいになるし、別の役割を果たすこともできるのだ。

 

なんて大仰なことを書く必要はなくて、結局今日もやるべき作業をやったという話。

日々の積み重ね。

 

 

震災23年目を迎えて

f:id:takehirosudo:20180117203110j:image

 

阪神淡路大震災から今日で23年目。

今日は震災発生時の5時46分より前に起きて、あの日のことを想像してみた。

今から考えてみると、あの日を境に人生観が大きく変わった。昨日までのことが今日も続くとは限らない、ということだ。

住み慣れた街が、異様な光景になっていた。湾岸道路も、高速道路も落ちていた。道路は液状化して砂でいっぱいになっていた。地震の凄まじさを、初めて経験したのだ。

でも、いろいろな体験をすることができた。大学受験生だった私は、大阪に住む同級生の家に避難させてもらって、ご家族に面倒を見てもらった。おそらく、1月19日くらいから入試が終わる2月初旬まで過ごさせてもらったのではないかと思う。

銭湯に行った時に石鹸やシャンプーを持っていなかったのだが、そのときは自然に隣の人に石鹸を借りていた。貸し借りをするのが自然だった。

いいことばかりではなく、義捐金の配布などでは、むき出しのエゴを見せられたりして、20歳の私にはなかなか厳しいこともあった。

私は、地震で家族が亡くなったり家が壊れたわけではないのだけど、それでもあの日のことは心に深く残っている。関東に住んでいて、関西のことを考えることはほとんどなくなっているけど、思い出すとまざまざと蘇ってきてしまうのだ。

これはおそらく私だけではなく、様々な場所で被害を受けた人々に共通する心情なのではないかと思う。

f:id:takehirosudo:20180117204242j:image

今日は、炭小屋で来週からの炭焼きの準備を行った。地震の話は一言もしなかったけど、一緒に働いたり笑ったりできる仲間がいるのは、本当に嬉しくて、幸せなことだと感じる。

 大切に、今を生きていこう。