楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

道刈り


大田代の道刈りがありました。
来週7日には、この地域の夏祭りがあるので、
それに向けて総出で道の草刈をします。


私は、ここに来て初めて
村の行事に参加したことになります。


草刈機の使い手は多いので、
今日は刈った後の草集めをやりました。
おばあちゃんと一緒にやっていると、
いろいろと話ができて楽しいものです。


まだまだ村の人に名を知られていない私なので、
今日作業に参加させてもらったことは
とてもよかったです。


草刈後に慰労会を行い、
その席では、村の人と少し話ができました。
昔は、朝にご飯を炊いたら、
その日の晩まで炊かなかったそうです。
おひつに入れて布にくるんだりして保温していたそうな。


戦後に新しくできた道の話とか、
普段通っていて気づかないところも
話をするといろいろ発見があります。


村の二人の若者ともすこし顔見知りになりました。
田舎に入るのは難しいというけれど、
これからぼちぼち溶け込んでいきたいです。


年に2回、このようにして村の共同作業があります。
高齢化しているのは事実ですが、
皆さんとても楽しんで作業をやっています。


意外と農村の未来は明るい

広告を非表示にする