読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

油断大敵なできごと

今日は、藤本家の裏の倉庫に木がかかっているので、それを伐採して、掃除するのが午前中の仕事だった。

 

パッと見て、これまでの木よりは硬くなさそうだし、枝も太くなかった。

たまたま、いつも使っているヘルメットもなかったので、イヤマフ(消音用耳あて)のみで仕事を始めることにした。

倉庫の屋根に登って、どんどん小枝を切っていく。

チェーンソーも小さい方を持って来たので、軽々と動かして、調子がいい。

f:id:takehirosudo:20170123151647j:image

倉庫にかかっている枝を切り終えると、屋根を掃いてから木の本体部分に移る。

 

幹は太くても15センチくらいなので、なんてことはない。高いところは、木に登って、切り落としても屋根に落ちないように考えて作業する。

 

1時間ほど作業した頃。

何気なく、土手の方に伸びていた直径10センチほどの枝を切ろうとした。

チェーンソーの刃が噛まないように気をつけて、ゆっくり切る。さあ、終わり、と思った瞬間、

 

ドン!

 

と頭の上から枝葉が落ちて来て、頭に衝撃を与えて土手に倒れかかった。

 

私の切った枝に、数年前の大風で折れた別の木の太い枝がかかっていたのだ。

実は、その木が折れていたのは知っていたし、折れている部分も確認していた。しかし、その枝が私の切った枝にかかっているかどうかまでは見ていなかった。切ってしまった後ではわからないのだが、もしかしたら切る前によく見ていたらわかったかもしれない。

 

幸い、当たった枝はさほど太くなかったのと、イヤマフをしていたおかげで、ほんの少し衝撃が和らげられて、何も怪我はしなかった。

でも、とても怖かった。

 

ヘルメットは簡易なものが王国にも用意してあるし、しかも今日はそれを作業場まで持って来ていたのに、しなくても大丈夫だろうと装着していなかったのだ。

 

今、これを書いていても、思い出すと恐ろしくなる。一瞬の油断が、命取りだ。みんなに、「気をつけて」と言われていて、自分でも意識しているはずなのに、それでも油断していたのだ。

 

またまた徒然草からだが、まさに「高名の木登り」状態。後少しで終わる、というときが一番危険という話だが、今日の出来事はまさに作業に区切りがつく瞬間に起きた出来事だった。

 

 

 

明日も、これからも作業は続く。

きちんと基本動作を確認して、自分も周りの人も傷つけないように作業しよう。

 

無事でよかった、とひとりごちる今日の1日。