読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

おっと、それを言っちゃあおしまいだぜ(笑)

先日から私的にお騒がせしている腰痛問題。

今日からリハビリが始まった。

ついてくれた理学療法士の先生は見たところ20代前半の男性。

私に前屈をさせたり、後屈をさせたりして、状態を見てくれた。

「だいぶ筋肉が固まってますね」

うんうん。だって、張っているのがわかるもの。

膝の筋肉を調べてもらうと、

「左膝の筋肉が弱ってますね」

へ〜、そうなんだ。

結構歩いているつもりだけど、足らないらしいな。

 

「ところで首藤さん、お仕事は農業なんですよね?」

「はい。一日の半分は外仕事、半分は座ってする仕事ですかね」

「農業って、中腰の姿勢多いですよね?」

「はい。」

「それ、できるだけやめてもらいたいんですよね。

中腰も、座っている姿勢も、椎間板にも一番悪いんですよ。」

「はあ。」

 

といっても、先生、それ、私の仕事なんですけど。

たしかに、今の仕事が腰によくないのはわかる。

だって、それは自分が一番体験していることだから。

でも、私が知りたいのは、腰に悪いのを承知で仕事している場合に、

例えば、疲れたらこんな姿勢を撮るといいとか、

こんな体操をして筋肉を鍛えましょうとか、

そういうことを知りたいわけで。

 

まぁでも、わたしの腰のことを考えて言ってくれているわけだから、

できるだけ言うことを聞くことにしよう。

 

とはいっても農業とは、中腰に他ならないわけで、

デスクワークも座位に他ならない。

やっぱりだましだましやるしかないのか。

 

ただ、1時間程度のリハビリだったが、力強く腰をもんでもらったため、

先月から張り詰めだった腰の筋肉も少し柔らかくなって、楽になったような気がする。

これからしばらく毎週通うことになるのだが、

快方に向かうよう努力するしかないなぁ。