読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

安曇野

安曇野 全5巻セット限定復刊

安曇野 全5巻セット限定復刊


という本がある。


私は古本で買った。5巻本の大部な本だ。
新宿中村屋を開いた相馬愛蔵と良(黒光)の家族を中心に、
明治から昭和までの歴史を描いている。
鶴見俊輔氏の本か何かでこの作品の存在を知り、
矢も盾もたまらず購入したのは1年以上前だったか。
時間がない中、トイレにおいてその都度読み進めているとようやく4巻も終わりに近づいてきた。
淡々と進行していく物語の中で異彩を放つのは石川三四郎のシーンである。
石川三四郎といえば日本で最初のアナーキストといわれている人物であるが、
昭和初期には「ディナミック」という個人雑誌を発刊して、農村で暮らしていた人物だ。
その中に出てくる「デモクラシーとは、民主主義ではなく、土民生活と訳すべきである」という言葉が印象的。
大地に根差した思想でないと、狂い始めたら止まらないということだろうか。
石川三四郎についてはこの後も書くことがあるだろうと思うが、今日は時間もないので備忘的に記す。


さて、新宿中村屋
近現代史が好きな人ならば、インド独立運動の闘士ラス・ビハリ・ボースをかくまった店で、
ボースが教えたカレーが今でも店で食べられるといったようなことは知っているだろう。
いつか、そのカレーが食べたい、と思っている。
先日店の近くまで行ったが、カレー一杯1470円。
昼飯にこの金額は、まだきつい。
誰かと一緒ならば許せるが、一人でたべるはちと贅沢。
いつかは行きたい。


中村屋サロンhttp://www.nakamuraya.co.jp/salon/index.html
これ、すごい。
今日はじめてみた。安曇野をなおさら楽しめるね、これ。
現社長は相馬一族ではないのだね。