読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

人生を手堅く生きる?


さまざまなビジネス書には、「金に金を生ませてお金持ちになろう」と書いてあります。
FX取引、株式売買、投資信託などを利用して。自分で会社を作ろう!というのもありますね。
自分もやるべきだと思い参考書などを買ってみましたが、どうにも実感がわかないというか、勇気が出ません。
そんな中、先日のクローズアップ現代で、FX取引を行っていた会社が顧客の資金を流用して自分がFX取引を行った結果会社が破産し、その顧客は1300万円の証拠金を一瞬にして失った、ということが報道されていました。
その顧客は、54歳主婦と表示されていました。1300万!それまで儲けたこともあったのでしょうけど、それも水の泡になってしまったのでしょうね。まぁこれは投資会社が悪かったわけですが、株式投資でも、昨日などは日経平均株価が一万円を割ったことで損害をこうむった人がたくさんいたようです。
う〜ん、これは考え物です。
情けない話ですが、自分がうまく売り抜ける自信がありません。
そういってしまうと、「投資しないとインフレに負けるそ。アメリカでは幼少のころからマネーについて勉強させ、資金を運用させているんだぞ。中国でも株式投資がはやってるんだぞ。」などという声が聞こえてくるようです。
まるで額に汗水たらして働いて、わずかな金しか得られない人が一番バカで、お金を右から左に動かすことで莫大な利益を得る人が賢いといっているようです。
できれば私もお金持ちになりたい。
あふれるほどなくても、本を買ったり旅行をしたり、子供の教育資金に余裕があればなおいいです。
もちろん、それをも目指しながら生活をしているのですが、口幅ったいですが、一番の目的は幸せに暮らすことです。
お金が最低限あれば、家族で支えあって生きていけると思っています。甘いかな〜?
まだ33歳。もう33歳?
自分のことを、人生手堅く生きていくタイプだと思っていましたが、こんな生き方を望んでいるようでは「手堅い」とはとてもいえませんな。
理想と現実をうまく調和させて生きてゆこう。
石田さんの言うには、やりたいことをやっていれば、お金はついてくるそうです。
それを心に留めておこう。