楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

ごぼうだ!


王国では、今年初めてごぼうの種をまきました。
粘土質の王国農園。
無謀なのは承知。
そこで、こんな工夫をしてみました。
詳しくはこちら→http://d.hatena.ne.jp/shizenoukoku/20060322


最近、ごぼうの収穫を始めました。
ちょうど宅配の日だったので、いい機会でした。
二股や、短いごぼうばかりかと思って
不安でしたが、スコップでも簡単に掘り上げられないほど
深く根が進んでいました。
画像は、ちょうさんがごぼうを引っこ抜こうとしているところです。


スーパーで売っているものは
80センチはありそうですが、
自然王国のごぼうは最長50センチほどです。


残念ながら何本かスコップで傷をつけてしまったのですが、
その傷から漂ってくるごぼうの香りの
おいしいそうな香り。


ああ、食べたい!
と思ったら今日は全部宅配で送ってしまいました、とさ。


昼からは地這いきゅうりの苗を植えました。
読んで字のごとく、
地面を張って育てるきゅうりです。
(きゅうりは通常は支柱を立てて栽培します)


8月に育てるのは初めてなので、
どんな風になるか楽しみです。


毎日いろんなことがあるけれど、
私たちには畑仕事があります。
何があろうとも、畑仕事を淡々と続けていくのみです。

広告を非表示にする