楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

故人との対話


今日は少し時間があったので、
先日も書いた、加藤登紀子藤本敏夫の往復書簡
「絆」を読み返していました。

絆


藤本さんの夢の実験場だった
自然王国にいながら、ときに怠惰になったりします。
彼はそんな私をどこかで見つめているのでしょうか。


会ったことのない人に話しかけてもしょうがないし、
神格化するのはもっと意味のないことですが、
事務所のテラスに寝転んで
空を見上げてみると、藤本さんに相談したり、
お話を聞いたりしたいな、と思ったのです。


一緒にお酒でも飲みたかったなぁ。

広告を非表示にする