読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

馬糞登場!

昨夜から、馬森(まもり)牧場 | 千葉県南房総市 | お馬とふれあえる愉快な体験牧場に友人たちと泊まっていた。
先日紹介されて訪れて、昨日は二回目の訪問。
この牧場は、山林を切り開かれて作られており、
8頭のポニーがいるのだ。
オーナーは、とても面白い女性で、チェーンソーでばんばん竹を刈り、
ユンボで道をならして、馬たちを調教している。
宿泊施設も用意されており、昨夜はそこに泊まらせてもらった。


そして、今日はお土産に、これをいただいた。

馬糞、である。
ここら辺ではなかなか手に入らないのだが、
私が新しく農業を始めることを伝えると、快くいただいたのだった。


夕方から雨が降ると聞いていたので、
急いで帰って、さっそく馬糞を撒き始める。

植えて7年目のゆず。
ここに撒いてあるのはかなり乾燥した馬糞。

こちらは、4年前に植えた、2年生のレモン。
まったく剪定をしていないので、枝が伸び放題になっていて、
ちょっとかわいそうな状況。
なんとかしなければ。


それからブルーベリー、みかん、かき、プラム、
タマネギ、空豆、ニンニクにも追肥を行う。
これで、果樹や野菜たちにも十分な栄養を与えることができた。
これから、我が農園には馬糞たちが活躍してくれるだろうと思う。


馬糞散布を終えてから、相変わらず畑の畝立て。
機械を入れずに、手作業で不耕起の畑を作ろうとしているので、
なかなか進まないが、なんとか来週中には完成させたいものだ。
しっかり溝を掘っているので、きっと何年か使えるはず。


後3畝作れば、一段落だなぁ。