読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

流しそうめん台作り

明日は楽喜舎稲刈り体験。
昼食に流しそうめんをやることにしたので、
朝から竹の切り出し。

f:id:takehirosudo:20130830084108j:plain

裏山の竹。
根元から切り倒す。

f:id:takehirosudo:20130830084145j:plain
根元から約5メートルのところで切り離す。
まず下から切って、3分の1くらいで止めて、
上から切り落とす。

f:id:takehirosudo:20130830084154j:plain

上の部分は今回は使わないので、
そのまま裏山に放置。

まず、竹を半分に割る。
鉈とハンマーで、こつこつと。

f:id:takehirosudo:20130830084824j:plain

どっちから割ればよいのかまだよくわからないが、
経験上、先の方から割ると割りやすい気がする。
根元はとても固いから。

f:id:takehirosudo:20130830085324j:plain

ハンマーで叩きすぎて、鉈の背が広がってしまう。

うまく割れたら、今度は節抜き。
のみとげんのうで抜く。
ここで手を抜くと、あとの作業が大変。

f:id:takehirosudo:20130830091459j:plain

節を抜いたあとは、120番の紙ヤスリで節を削る。
93歳のオオオバアと、娘2人も手伝ってくれる。

f:id:takehirosudo:20130830162940j:plain
f:id:takehirosudo:20130830162957j:plain

これでようやく、明日を迎えられる。
台の足も切り出したし、あとは明日組むだけ。

のこ鎌を買い出して、足りない稲刈り鎌は王国から借りて、
10時から夜なべで鎌研ぎ。
寝ている妻子を起こさないかと気遣ったが、大丈夫そうだ。
明日の稲刈り、楽しくやれればいいな。