読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

誕生日記念田植え!

いや、別に特別な意味があるわけではないのですが。
今日、ようやく2反8畝の田植えが終わりました。
田植機を地元の先輩からお借りすることができ、
苗も地元の農家さんから分けてもらい、
多くの人の助けを得て、なんとか終わりました。
明日、最後の補植をする予定。


今日は私の38歳の誕生日。
数えでもう39歳です。
さっきまで大山村塾の集まりで
高野塾長のお宅でミーティングをしていました。


答えを求める時代になっている、と。
本来は答えのない問いになんとか答えを出そうとするのが人生なのに、
どこかに明確な答えがあるかのように考える時代になっている、と。


例えば今、就活自死ということがある。
詳しくは調べていないのだが、なんて切ないことだろうか。
22、23歳で人生に見切りを付けざるを得なくなっているんだろう。
私のことを誇るわけではないが、
高校には行かず、大学を出ても就職活動もせず、
司法試験受験には27歳で挫折し、
29歳で鴨川に流れ着いた。
生涯年収は少ないかもしれない。
でも今、妻を得て、2児がいて、なんとか生活が成り立っている。
どうしてここで暮らしていけているのかというと、
おそらくここは私がいていい場所だということ。
今週末には早稲田大学大隈塾の学生が、自然王国に田植えに来てくれるのだが、
彼らともいろんな話をしたいと思っている。


生きるとはどういうことなのだろう。
今日、田んぼの補植を3時間半やっていて、
その際にpodcastで辻信一さん辻信一のサイトへようこその話を聞いていた。
そこでは、3s、slow,simple,smallが大切だと述べられていた。
実は今私も、収入的には結構厳しい。
だけど、ある意味人生の挑戦。
3Sでどこまでやれるか、一つの探求でもある。
なにより、今ここに在れることの幸せを持続していけるように。
それが私の信ずるところ。


酔っているので、書き散らしてしまったが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。