読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

やってしまったぜ。

昨日のブログに書いた通り、今朝はちょっと早めに仕事を開始して、
田うないをはじめた。
トラクターになれてないと言っても、畑でもやったことがあるし、
たいした違いはないだろうと思ってやり始めた。


途中何度か耕しづらいところもあったものの、ほぼ順調に進んだ。
お昼のベルが鳴ったが(注:鴨川では、今の時期は午前7時、正午に
防災無線でベルが鳴るのだ!)、最後の5枚目ももう少しで終わりかけていたので、
最後までやってしまおうと思い、やりきった。


ああ、終わった!
さぁ、帰って昼ご飯の餃子でも焼くか、などと考えながら
田んぼから外に出ようとするが。
タイヤが滑ってしまい、坂道をあがれない。
バックで出た方がいいかと思い方向転換をするも、上がれない。
突入する角度が悪かったかと思い、
また方向転換するも、それでも上がれない。
別の場所からでようとするも、そこでも上がれない。
あら、どうしようと思い、もがく、もがく。
もう、まさに土ツボ。
後輪は、耕盤まで見えるほど空回りしている。
動きがとりづらくなってしまった。
これはもうだめだ!と思い、同じ集落のTさんに電話。
少しして、Tさんが到着し、何度か切り返して、
簡単に田んぼから脱出することができた。
自然王国ほど粘度が強いたんぼではまってしまうならまだしも、
私の家はそれほど粘度が強いわけでもないので、
農家的に言うと、非常に恥ずかしいミスであった。
「まぁ、これも経験だよ」
とTさんは言って、自分の田んぼに向かった。
すぐ来てくれて、本当にありがたかった。


結論から言うと、田んぼをなめてはいけない。
今日わかったのは、こんなに平坦な田んぼでも
はめることがあるということ。
だとすれば、このミスを活かして、失敗しないやり方を考えることだ。


機械が壊れたわけでもないので、結果的には大したことなかったが、
やらかしてしまったな、という反省。


今日の作業結果。
f:id:takehirosudo:20130308164644j:plain