読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

アカリトバリ登場!


二人に出会ったのは17年前。
阪神大震災ワークキャンプでのことだった。
私の思い出は本文には関係ないので割愛します。


福島出身のアカリは、昭和村でからむし織を長いこと学んでいて、
その時の暮らしや幼き頃の思い出を、原発事故後に一気に書き上げたという。
それが「山のうた」です。
大阪出身のトバリは、ハードロック、へヴィメタルを演奏していた
少年時代を経て、今はアコーディオンから、ベース、三線までなんでも弾けるミュージシャン。
私の音楽の趣味の8割くらいは彼からの影響。


二人でユニットを組んで、
関西のあちこちのイベントで歌っているらしい。
二人に無理やりたのんで、演奏してもらった。


深夜なので、音量も大きくなく、
本来の魅力は伝えきれないのだけど、
一人の時にゆっくり聴いてみてください。


相馬盆唄。

山のうた。