読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

松戸から

帰り道で、立川談春師の紺屋高尾を聞く。
一途な願いが面映いほどだが、それがまたいい。
死ぬ気で三年働けばとんでもないことが実現できそうだ。
ちなみに、紺屋高尾の今版で、談笑師の「ジーンズ屋ようこたん」という
噺もある。高尾は花魁だか、ようこたんはアイドルという設定。
これも、いいよ。