読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

帰農塾と参観と


11月コース、終了しました。15人の参加者の皆さんのそれぞれの顔を思い出しています。スタッフなのに難ですが、2泊3日はあっという間でした。5回目の参加の方も初めての参加の方も楽しんでくれていたようで、よかったです。明日は突貫でレポートを仕上げなけれなりません。メールマガジンの発行日も後3日に迫ってきていますし。
帰農塾が終わるか終わらないかのうちに、東京から参観者が来てくれました。王国野菜を頼んでくれたのですが、ぜひ現場をみたい、と訪れてくれました。あいにく昼からかなりの雨でしたが、畑も案内することが出来ました。近いうちに、王国イベントに参加してくれるかもしれません。
さらに、その後に4人組で参観に来てくれました。首都圏を中心に活動する有志のグループですが、王国でなにかエコツーリズム的なことができないか、という提案を受けました。具体的なことまでは決まりませんでしたが、なにかやれたらいいですね、これからもよろしくお願いします、などとこの先がありそうな会合になりました。
なんだか、日々動いています。流れゆくときの中で、流されながらももまれないように生きられれば、と思うのです。今夜の我家のメニューは牡蠣鍋だそうです。イメージするだけで温まりそうです。雨が降っている王国は、もう冬です。