楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

されど日は続く


昨日の日記の終わりに記したとおり、
房田の溝切りはやりなおしとなった。
土手の草を刈ってから水を切るのだ。


土手草刈は結構大変。
なぜなら、田になるべく草を落とさないため、
土手の下から上へ刈り上げるようにして
草刈機を動かさねばならない。


1メートル前後にまで生長している草も多く、
それらが覆いかぶさってくるのを
防がねばならないのも厄介だ。


汗だらだらになりながら、
ふと、
「おれ、何やってんねやろ?」
と自問自答してしまった。


いつのまにか、毎日農作業をするのが
当たり前になっている・・・
外に出ない日は、何か特別の日のような感じさえする。


これでいいんかな。
今やることに熱中できることはすばらしいと思う。
この先どうなるか、やっぱり分からない日々が
続くのだろうけど、
田んぼに切った溝を通って水が流れるのをみると、
「うん、いまはこれでいいのだ」
と思うのだ。


うん、いまはこれでいいのだ。

広告を非表示にする