楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

育ちゆくものたち


11月に植えたたまねぎの写真です。
今回は昨年の12月ころまで定植を
続けたのですが、やはり一月違うと生育がぜんぜん違います。
早生種と晩生種というように品種の違いもあるのでしょうが、
6月の姿がどうなっているか楽しみです。


今日の種まきは、かぶ、水菜、小松菜、春菊、山東菜、葉大根です。
大体20日から50日後に収穫を迎えます。
ちなみに、20日前後で収穫できるのは山東菜
50日くらいかかるのはかぶです。
山東菜は、白菜に似た味の葉物です。葉大根というのは、
その名のとおり葉を食べる大根です。根っこはそんなに大きくなりません。
香りが豊かで、おひたしにすると最高です。


土と向かい合う時間は、土しか見ていません。
聞こえるのは、鳥の声や、風にそよぐ林の音。
土を切る鍬の音です。


畝を立て、畝をならし。
溝を切り、種をまく。
溝にもみがらをかぶせて、鍬で畝の上を鎮圧する。
水をやる。
ただ、これだけの作業の繰り返しです。


静かに集中できる時間を過ごした後は、
やり終えた充実感が沸いてきます。
明日も、種まきをする予定です。

広告を非表示にする