楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

芽キャベツです。


「面白い形だ!」と思うか
「気持ち悪い〜」と思うか、
どちらか二つに分かれるのではないでしょうか。


昨年はじめて作付けした芽キャベツです。
芽キャベツは、キャベツの変異種で、
長く伸びた茎にミニキャベツがぼこぼこつくのです。
写真でみると、若干気持ち悪い・・・かな?


でも、これなかなかおいしいんですよ。
今のところは、軽く炒めたり、味噌汁に入れたりしていますが、
軽く湯がいてバターで炒めてもおいしそうです。


それにしても、芽キャベツ
背が低いです。さっき調べたら80〜90センチくらいにまで
なると書いてありましたが、王国のは約25センチです。
だから、ついているキャベツも小さい。
今日は雨が降る中、凍える手で芽キャベツをかいて
収穫しましたよ。
小さいので、なかなかかさが増えないので大変でした。
夏野菜のししとう、ピーマンとは細かく収穫しなければ
ならない点で、芽キャベツと似ているといえますが、
季節が違う!!なんせまだまだ寒いのです。
でも、収穫した後の芽キャベツはかわいいし、おいしいし。
それはそれで幸せです。


最近、小さかった野菜がぐんぐんと大きくなってきました。
ブロッコリーなどは、次から次へとできてきています。
菜花も、毎日取らないと大変な状態になってきています。
キャベツも、いっせいに巻き始めました。
・・・それにともない、雑草たちも元気に芽を出し始めました。
春ですね。
ふきのとうは、すでに花が咲き始めています。


日々、春の訪れを感じています。
今日もいい日でした。

広告を非表示にする