楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

稲刈りを終えて


懸案だった、わらの片づけをなんとか
雨前にやりきることができました。
今までは雨ざらしにして、そのまま
堆肥場行きだったのですが、
今年からはきちんと保管して、
マルチにしたり、溝に敷いたりと
いろんな使い方を考えていくつもりです。


稲刈りを終えると、冬用の作付けを
どんどん行ないますが、このところ、「今年もそろそろ終わりだな」
という感覚が強くなってきます。
この時期、一番力を入れる時期の一つだからでしょう。


今日は自宅用敷地の草刈りにきた
高野さんと一緒に和田町の料理屋に行きました。
この店はとても面白い店で、活気があり、
料理もとてもおいしいです。
店員は若くて元気な人が多いです。
ひょっとしたら、サーファーかもしれません。


なかでも面白いのは女将さんです。
全体をピシッと引き締めているのは
女将さんです。
たった一人の行動が全体の雰囲気を決めてしまう
のだな、と改めて感じました。


この店、人気がすごくて、店の外までたくさんの人が
待っているのです。大阪にも、これだけの店は少ないかもしれません。
友達が来たら、是非一緒に行きたい店です。
これからも通いたい一軒になりました。


高野さんと三尾さんと3人で、いろいろ今後について
対策を練っていました。
来年に向けて、少しずつですが考えを深めていきつつあります。

広告を非表示にする