楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

life

新年会2連発!

昨日は10年以上の友人たちが家族で泊りに来てくれた。一緒にご飯を食べながら話をするのは楽しい。私たちが今やっている、農家民泊の営業についても随分ヒントになることがあって、また新しい刺激を受けた。 午前中は集落作業。今日は防護柵の点検。猪、鹿…

いうは易し、おこなうは難し

午前中は塾の準備。週末が王国イベント、民泊、集落作業などでもりだくさんなので、早めにやっておかねばならない。 塾で教えるのも、結局は予習をどれだけ満足にできるかにかかっている。自分がわかるだけでは不十分で、どこがわかればその子ができるように…

整然とすることの気持ちよさ

木曜日は王国の日。 今日は今朝から山小屋まわりの水道に凍結防止のスポンジを巻く作業。3月までは、水道が凍結する日があり、それを少しでも予防しようというわけ。 途中トイレの管を抜いてしまうトラブルを起こしてしまったが、山小屋周りを終えてサウナ小…

震災23年目を迎えて

阪神淡路大震災から今日で23年目。 今日は震災発生時の5時46分より前に起きて、あの日のことを想像してみた。 今から考えてみると、あの日を境に人生観が大きく変わった。昨日までのことが今日も続くとは限らない、ということだ。 住み慣れた街が、異様な光…

不安に押しつぶされそうになるときは

朝7時前に撮影。 色のグラデーションが気に入った。 今日は、久方ぶりに畑に出て、大豆のネットを片づけたり、豆用の支柱を縛ったりした。 新しく育苗ハウスを建てるつもりなのだが、まだ何も準備していない。果たして、間に合わせられるのだろうか? 夜の塾…

自然王国にはサウナがあるのです。

晴れが続く鴨川の朝。 今日は少し曇りかと思ったが、このあときれいに晴れた。 木曜日は王国に行く日。 冬の時期は、それ以外の時期にできないことをやる日。たとえば施設整備。今日はサウナ小屋の脇の片づけ。積んで乾かしてあった薪をサウナストーブに入れ…

娘たちのバレエ発表会

今日はいよいよ、バレエの発表会。 勝浦まで行ってきた。 娘たちが通っているバレエ教室は、かなり少人数で行なっているので、発表会となるとお母さんを中心にして総がかりで準備する。 昨年9月くらいから練習し始めて、年末年始に少し休みを挟んで、この日…

地域活動のあり方

朝早くに、明日の発表会のリハーサルのために出発した妻子を見送る。昨年からずっと準備していたバレエの発表会が、明日行われる。 午前中は所属するNPOの臨時理事会に出席し、その後は鴨川の町の方へ夜の定期訓練のための買い出しに。 あまり消防団のでごと…

教えるということ

教えるということは、恐るべきことだと思った。 私は今、ある個人塾で中学生に英数国社、高校生に英語を毎週教えている。 大学生の頃から家庭教師をやっていたので、自分の得意技だと思っていた。 どう伝えたらわかってもらえるか、それをいつも考えて実際に…

1つの拠点で一緒に働くこと

冬になると、鶏が元気になる。 4年前に10羽導入したが、現在生き残っているのは1羽のみ。もう卵は産まないけど、元気に餌を食べている。残り物の魚の骨をやりに行ったら、久しぶりにつつかれてしまった。 写真の真ん中にある小屋に、たった1羽で住んでいる。…

使うだけか作る側か?

昨日の雨で、田んぼに水がたまってしまった。 たまる前に田おこしをしたい、と思っていたのだが、作業が間に合わず。合間を見てやるしかないな。 午前中は、シロアリ駆除のお手伝い。 3年前に床下に潜って大規模に薬剤散布を行なったのだが、その際うまく届…

やる気のないときは。

朝から曇っていて、夕方からは結構な雨が降ってきた。年末頃から晴れが続いていたので、久しぶりの雨だ。 仕事が追いついていないと、気持ちが焦ってしまうのは相変わらずだが、それは気持ちの波のようなものだ、と感じられるようになってきた。 子どもたち…

課題をみつけ、解決していくこと

今夜はT&T研究所の新年会。 T&T研究所というのは、歌手の加藤登紀子の主宰する研究所で、私はそこの一員である。 一品持ち寄りだったので、鳥もも肉とネギとシメジの炒め物を作って持っていった。 メンバーそれぞれが報告と今年の展望を述べ合う。 私は、…

こんな形で地元に入ってます

1月6日は鴨川市の消防出初式。 実は私は消防団に所属しているのだった。 しかも、そろそろ12年目に入る。 途中忙しくてなかなか活動に出られておらず、肩身がせまいところもある。 しかし、消防団はもちろん地元の人ばかりで、結構なカルチャーショックを受…

地域の力を取り戻す

いざ千葉大学へ! といっても、別に大学院に入学するわけではない。もう一度勉強したい気持ちはあるけど。 今日は、年に一回やらせてもらっている千葉大学での授業。 2009年に地元の大山小学校が廃校になってから、大山廃校利用を考える有志の会の一員として…

その場に身をおくということ

午前中の塾の授業が終わってから、 身体巡礼: ドイツ・オーストリア・チェコ編 (新潮文庫) 作者: 養老孟司 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/11/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る を読了。 雑誌連載中にも少し読んでいたのだけど、…

先覚者に触れる

なんという名前かわからないが、庭によく飛んでくる鳥。ここのところ晴れが続いているので、よく鳥を見かける。 “学問の道は、すべからく雫の石を穿つごとくせよ”という言葉が、高野長英が宇和島に逃走している時に開いた教室の第1の約束として掲げてあった…

正月2日の語らい

昨日に引き続きいい天気だった。 朝は冬期講習の予習を行なった。 高校受験が間近なので、この時期はいつも大変。 どうにかしてわかってもらいたいと思っているのだが、学ぶモチベーションをどう上げていくかがポイントになる。 自分が中学の時にできなかっ…

14年目を数える鴨川の夜

自宅の2階からの初日の出。 今までは毎年海まで見に行っていたのだが、今年から家で見ることに。 朝早く起きなくても間に合う、といった理由に過ぎないのだが。 昨年義祖母が亡くなり、喪中であるため、ある意味非常に落ち着いた正月を迎えている。 1日部…

苗づくりと安房マネーと自然王国と。

先日蒔いた稲のタネがようやく発芽した。 今年は例年より2週間以上遅れての作業だ。 種まきをしてから3日目の状態。 朝一で妻も手伝ってくれる。 次女が幼苗に新聞紙をかける。 苗が緑がかるまで新聞紙をかけるのだ。 今年で5年目の稲作が始まっている。 昨…

1人ではできないことも。

朝8時半にお隣さんに集合してもらって、今日は自然王国までヤギ小屋をもらいに行った。 王国に昔ヤギがいた頃、使っていたものだ。 1人ではとても運べないので、ご近所さんに声をかけて手伝ってもらった。 思った以上に重く、1時間を予定していた作業が結局1…

この地で暮らすこと

5月末に、我が家に来てくれる予定のヤギを見に行って来た。車で約30分のところだ。3月中旬に生まれたばかりだが、もう草を食べ始めている。元気そうだ。ヤギを飼ったことはないので、勉強しながら育てていこうと思っている。楽しみだな。 お昼前に、いつも親…

この火は絶やさない

先月の炭焼き以来、約1ヶ月ぶりに集まって小宴。 この冬の作業は全て終わってしまい、来年度は市の補助事業も申請しないので、秋からの流れを話し合う。 ありがたいことに、今年は最後の方になって一緒に炭焼きをやりたいという人が5人も現れた。 あっとい…

あの木曽町から!

木曽路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曽川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。(島崎藤村「夜明け前」) 長野県木曽町…

学んだ技術は使ってこそ

前々から約束していた隣の友人の藪はらいに出張。 この友人は、自然王国をきっかけに出会ったご夫婦で、この集落に引っ越して7年になる。 チェーンソーを持って来てと頼まれていたので、いそいそと持参する。 現場は、倉庫と家の裏にある土手に生えている雑…

この道の先に見えるもの

我が家の玄関先から道路に向かって撮影。 目の前は、我が家の田んぼ。 今年、5年目の稲作がもうすぐ始まる。 結婚してからしばらくは、時間も能力もなかったため、人に頼んでいた。 しかし、前の仕事が終わった時、頼んでいた人から、「来年は自分でやってな…

炭焼きから繋がるもの

炭焼き3日目。 3日目の作業は結構気を使う。 「焚き込み」という作業だ。 一昨日から、小さな火で燃やし続けていた。今日はどんどん焚き口に薪をくべて、温度を上げる日。 火が強くて、かなり熱い。 そして、所定の温度まで達すると、焚き口をベトと呼ばれる…

一年分の醤油が完成!

朝のうちに、昨日行われた千葉県立高校入試の英国社の3科目を解く。この日は、自分が1年間やってきたことがどう通用するのか試される日。少しだけ新傾向の問題が出題されたので、受験生たちが戸惑ったのではないかと思う。千葉県は全般的に基礎的な知識を駆…

この種がいつか実を結ぶときがくる

出発前に、全体写真を撮ってもらった。 昨日の料理で、ぐっと距離が近くなった私たち。 今日のFarewell Party(歓送会)で、パキスタンの参加者が知っていた「カントリーロード」(日本語版)を急遽歌うことになり、今まであまり話さなかった子たちとも一挙…

母国の料理に勝るものなし

民泊の2日目。 今日の活動の前に少し時間があったので、パキスタン学生の引率者の女性と英語教育について話す。 パキスタンでも、あまり英語を使う機会がないとのことだが、学校によっては高いレベルの教育を提供しているとのこと。話すのは簡単だけど、読ん…