楽喜舎日録

2013年1月から始めた「楽喜舎」(らっきしゃ)の日録。日々の暮らしからみえてくるものを発信します。日々実践!

教育

千葉大学と鶏小屋と。

千葉大学野外実習2日目。 田の草取りの予定だったが、朝は結構大雨が降っていたのでひとまず稲刈り時に使うスガイ縄を編んでいた。同じようにやっても、それぞれのできが違って面白い。今回はすごくうまい学生がいて、掛け値無しに驚いた。なかなかできない…

水利組合と王国と千葉大学と。

今日は3つの仕事が重なった。 午前中は水利組合の溝掃除。 午後は王国。 そして夜は千葉大学学生の受け入れ。 水利組合では、例年この時期に水路掃除を行う。小雨が降る中、溝に溜まった泥をすくったり、邪魔になる草を刈ったりする作業。 田んぼをやめる人…

When I’m sixty eight.

Tさんご夫妻を送り出した後、デンマークから、68歳の男性、ハンスさんが泊りに来てくれた。直接我が家を探したわけではなく、日本の友人からの紹介で我が家にきてくれた。朝お迎えに行って、第一印象から穏やかな方だな、と思った。68歳というと、私の母と同…

様々な学びを生む場所に

朝は快晴だったが、天気予報では昼から曇りのち雨。昨日もらってきた薬を飲ませようとするも、小麦粉に混ぜたくらいでは全く口をつけようとしない。しょうがないので、朝は怪我の消毒のみを行った。(夕方には、子牛用の配合飼料と混ぜてやると無事飲んだ。…

農家民泊ダブルヘッダー(1200字書いてしまった)

昨日、チーズとの感動の出会いを報告した。 しかし実は早速、昨日の夕方、怪我をさせてしまった。 ああ。 柵にしているワイヤーメッシュに左のツノを引っ掛けてしまい、半ば折れてしまった。環境になれていなかったため驚いてしまったらしい。 様子を見よう…

活動の中で方向を見出すということ

田植えが終わっても、まだ差し苗やお分けする苗箱があるので、水やりをしたりハウスを整理したりする作業が残っている。40分近くかかっていた水やりも、最近では数が少なくなったので15分弱で終わるので、いろんな作業ができるようになった。 10時前に…

出会いとその続きと

民泊の3日目。最終日だ。 出発前にみんなで記念撮影。 民族衣装を着てくれた。 みんなリラックスしている様子。 公民館に移動して、歓送会。 それぞれの家庭で体験したこと、感じたことを発表しあう。みんな涙を流していて、よほど感動したんだと思う。言葉…

千葉大合宿と農家民泊2日目。

今日もいい天気だ。 朝一で民泊の人々を他の体験先に送り出し、その足で私は千葉大の合宿へ。 先週の水曜日、イベントの予行演習を行い、今日が明日の最終準備日。廃校になった小学校に集まり、裏山に登り、竹を切る。 先週の練習の成果を発揮! お見事!二…

千葉大生とフィリピンからの農家民泊

今日から2泊3日で千葉大生がやってきた。 今年の正月に大学で講義させてもらって以来だ。昨年から実習が2泊3日になって、じっくり大山地区で活動する。今日は長狭学園で3年生へプログラムを行い、明日は日曜日の準備と、地区内研修を行う。 日曜日には20人く…

竹切って、週末には小学生を待つ。

最近は日の出がだんだん早くなってきた。 6時半頃の撮影。 畑の梅もきれいに咲いている。 まだ実をならしたことはない。いつか実がなるのを待っている。 今日は千葉大学から学生が4人やってきた。 週末、大山地区で行うイベントの予行演習。 竹を切ったイベ…

役割を果たすこと

午前中は鴨川市で行われる一斉野焼きに対応するための消防団出動。本来であれば1日出動なのだが、私は所用のため午前中のみで勘弁してもらった。 今日は天気も穏やかだったため、野焼きしている煙がよく見えて、警戒活動もやりやすかった。消防団員たちは、…

地域の力を取り戻す

いざ千葉大学へ! といっても、別に大学院に入学するわけではない。もう一度勉強したい気持ちはあるけど。 今日は、年に一回やらせてもらっている千葉大学での授業。 2009年に地元の大山小学校が廃校になってから、大山廃校利用を考える有志の会の一員として…

長狭小に行ってきた!

今日は、地元の長狭小学校に行ってきた。 写真は、釜沼木炭生産組合の仲間たち。 組合員の、下郷さとみさんが撮ってくれた写真。 地元の小学校3年生に、体験授業をしてきた。 「昔の暮らしを学ぶ」〜七輪でお餅を焼こう〜というテーマで。 社会科の授業の一…